おっさんのたわごと

いつか、じじいのたわごとになるんだろうな。

噂のサウンドバー。YAMAHA YAS-108を購入。

f:id:YamauraSuguru:20190114164744j:plain

にゃー。

 

f:id:YamauraSuguru:20190114164953j:plain

にゃーにゃー。

 

f:id:YamauraSuguru:20190114165616j:plain

 

 2万5000円ぐらいにしては中々のものでした。

 5.1chとかサラウンド感を求めるなら、もっと金出せと言ったところです。

 テレビのスピーカーからのレベルアップなら満足いく商品です。

 

前回までのTWS(前回までの24的な)というかTW-7000買いました。

 

yamaurasuguru.hatenablog.com

 

 気になってたので買いました。ネットの参考記事や評価では分からない体感があると信じて。ってか買うまでが一番楽しいですよね。悩んでいるうちが花。

 

f:id:YamauraSuguru:20190106184021j:plain

f:id:YamauraSuguru:20190106184039j:plain

f:id:YamauraSuguru:20190106184405j:plain

 

 同価格帯のNT01AXとの外観比較。

f:id:YamauraSuguru:20190106184430j:plain

f:id:YamauraSuguru:20190106184421j:plain

 

 音質は目くそ鼻くそ。ウォーム感のあるNT01AXにたいして、ソリッド感のあるTW-7000と言ったところで好みかな。

 個人的にはTW-7000の音質はハウジングに響かせる感じがあるので、音楽鑑賞では問題ないけど、動画鑑賞するにはちょっと向かないように思えた。

 装着感はカナルワークス監修とのことでしたが、そこまで何か特別な感じかというと、重さの割りにはフィットしているかなと言ったところ。

 でろんと垂れ下がるNT01AXか耳の中にフィットするTW-7000か。ウォームかソリッドか。お好みでと言った具合です。

 

 

完全ワイヤレスイヤホンのNUARL NT01AXは新世代の中でも購入に値する。

 どうも、歯磨きおじさんです。

 ドルツさいこー(byぬまずさいこー)

 

yamaurasuguru.hatenablog.com

 

 結局の所、歯ブラシは毎日使って、今までの電動歯ブラシってなんなんだったんだろうと言うぐらいの満足感でした。

 

 って表題と違うので、イヤホンの話をここから致します。

f:id:YamauraSuguru:20181228173137j:plain

 

 

 今、ちょいと手に入りにくい完全ワイヤレスイヤホンのNUARLの最上位モデルNT01AXを購入致しました。

 

f:id:YamauraSuguru:20181228173310j:plain

f:id:YamauraSuguru:20181228173345j:plain

 

 完全ワイヤレスイヤホンは以前に記事にしていました。

 

yamaurasuguru.hatenablog.com

 

 Soundcore Liberty Liteさいこー。と思っていましたが、実は他にも購入してまして、AVIOTのTE-D01aとSoundPEATSのTrueFree。どれも甲乙つけがたく満足してましたが、いかんせん長時間一人で外出する際に連続使用時間が3.5〜5時間の製品だったので、2つを交互に使用しなければならないと、ちょっと面倒くさかった感じです。

 

 

  

 

 そういうわけで、外観でございます。

f:id:YamauraSuguru:20181228175231j:plain

 

 ぱこ

f:id:YamauraSuguru:20181228175221j:plain

 

 NT01AXはマグネットケースでは無いので、注意が必要です。逆さで開けてしまうと落ちたり、入れる時に、カチッとしないので、うーむ感があります。ただ、AVIOTほどでは無く、ちょいスケルトンになっているので、充電しているか、オレンジランプで知らせてくれるので、困る感じはありません。

 

 つけ心地は普通で、特別装着感が良いとかはありませんが、及第点の出来です。

 

 音質はQCC3026チップ搭載で、劇的に良くなってました。購入の際に、同チップ搭載モデルの他の機種と比べましたが、Mavin Air-xは低音がブーミー気味。AVIOT TE-D01bがフラット、NT01AXが中間ぐらいの感じでした。聞き比べなければ差が分からないと思うぐらい、良く出来た3機種でした。

 価格はちょいと高いですが、おすすめです。

 

 

 

 

 

 購入してすぐだけどTW-7000も気になるなぁ。でも満足中なので、さらにのレポートはまた後日。

 

 

パナソニックの電動歯ブラシドルツシリーズの最上位EW-DP52を買ってみた。

f:id:YamauraSuguru:20181222195141j:plain

f:id:YamauraSuguru:20181222195530j:plain

 

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ シルバー EW-DP52-S

パナソニック 電動歯ブラシ ドルツ シルバー EW-DP52-S

 

 

 中身は本体、充電器、歯ブラシ立て二つ、歯ブラシ類、ステイン除去ペーストでした。

 

 フィリップスのダイヤモンドクリーンと、ブラウンのPRO2000とのサイズ比較です。

f:id:YamauraSuguru:20181222195953j:plain

 思ったよりも小型で、重さも、二つに比べると1割ぐらい軽いです。体感的にはドルツ以外は電動歯ブラシ持ってる感ある重量でしたが、ドルツはかなり軽く、普通の歯ブラシやんぐらいの感覚でした。

 

 早速使ってみたんですが、最上位機種らしく、W音波洗浄は強力で、1回でかなり、歯垢は取れて、つるつるでした。

 

 フィリップスは結構汚れが残る感覚で、ブラウンはつるつるだけど、歯茎への刺激がデカい感じでしたが、間を取ったドルツといった感じの使い心地でした。

 

 まだ使い始めで、なんとも言えませんが、今、電動歯ブラシを買うなら、ドルツ一択な気がしました。それぐらい後発の良さが出た商品でした。また、長い期間使ってみて、再レビューしたいと思います。

 

 

Beats by Dr.Dre Studio3 Wirelessがこんなに良いとは思わなかった。

 外で使用するならイヤホン派ですが、家では手軽に試聴するのにワイヤレスヘッドホンが欲しいなと思い、色々試聴して、Beats by Dr.Dre Studio3 Wirelessを購入しました。

 

f:id:YamauraSuguru:20181218073110j:plain

 

 

 他の候補としては、SONYのWH-1000XM3、BOSEのQuiet Comfort 35 wireless headphones IIと王道の迷い方をしましたが、表題通りBeats製品を選びました。

 

 

 

 

 

 

 決め手ですが、実はこの中だと、WH-1000XM3が一番音が良いように聞こえると思います。解像感とノイズキャンセリングの能力と良い、一つ抜けてると思いますが、こちらの製品を選びませんでした。

 

 色々な音響機器を触れてきて、今回は明確にどんな音が欲しいというのが、意識出来ていて、ライブハウスのような、重低音が欲しくて、それを意識した音作りの製品を購入する。それに適合したのがBeats by Dr.Dre Studio3 Wirelessでした。

 

 Beats製品はBOSE製品のように低音重視のチューニングをしているイメージでしたが、Beats by Dr.Dre Studio3 Wirelessはどちらかと言うとフラット系なのかも知れないですが、上質な低音と空間表現の良さで、ライブ感が上手く出ています。DACの出来も良く、プレイヤーに余り依存しない感じなのが良かったです。

 ちなみに、同社のBeats by Dr.Dre Solo3 Wirelessは、低音ブーストが激しくて、単純にバランス破綻していたので、Beatsだから良いではなくて、この商品の出来が良いのだと思いました。

 

 家にはアップル製品で満ちているので、W1チップとの親和性の良さは最高です。

 

 思いのほか音質が良かったので、外でもたまに使用してます。持ち歩くには多少重いですが、音楽を聴く際には、臨場感という点ではイヤホンを勝ります。後、ワイヤレスヘッドホンは初めてだったので、ケーブルレスなら、煩わしさも、かなり軽減されています。

 

 難点があるとすれば、外で使用する事がメインだと、今回購入したブルーはマットな質感なので、皮脂が付くと目立ちます。ウェットティッシュでさっと拭けば落ちますが、使用後の掃除としてはちょっと面倒です。カラーバリエーションが多いので、気になる方は製品を確認した方が良いかもしれません。

 

 概ね満足ですが、最後の皮脂汚れが目立つ事による掃除のせいで、何だかんだで家ではほとんど使用しないという本末転倒な状態では有りますが、逆に音楽でリフレッシュしたい際に外で使用しているので、結果的にはオーライでしょうか。

 

 余り、音響機器にお金を掛けない人にとっては結構な値段に思えますが、ラグジュアリーな時間を過ごす為に、ご褒美として購入するのは如何でしょうか。どのジャンルもオールマイティにこなしますので、自信を持ってお勧めします。

 

 

Fire TV Stick 4Kを購入しましたのでPS4proと比較。

外見

f:id:YamauraSuguru:20181212104153j:plain

f:id:YamauraSuguru:20181212104541j:plain

 

新登場  Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

新登場 Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属

 

 

 購入の決め手は AbemaTVが見れること。PS4proはアプリ対応していないのと、ブラウザでの視聴も出来ない。

 

 購入してから迷ったのはApple TV 4K。ほぼ同等の機能で、Appleブランド、さらにはiTunesが使用出来て、iPhoneユーザーには良い感じ。後ゲームも出来ますな。ただ、安いモデルで、21384円なので、Fire TV Stick 4Kは6980円と値段差は3倍ほどあるので、お試し感覚で購入したので、各々の懐事情に合わせて貰うのが一番良さそうです。

 

 Fire TV Stick 4KはまだまだUI周りが整理されていないというか、PS4に比べると多少の使いづらさがあるけれど、サクサク感は同じなので、慣れるまでと言ったところでしょうか。

 

 PS4nasneのコントロールにも利用しているので、Fire TV Stick 4Kとは使い分けといった感じになりそうです。AbemaTV見たければFire TV Stick 4Kって感じですかね。後、YoutubeアプリがFire TV Stick 4Kには無いので注意です。ブラウザ対応で見れますのでアプリ同等の事は出来ます。

 

 4KTVを買って、ネット動画を見るのには最適な商品かな。値段含めておすすめです。Wi-Fiだと、ネット速度微妙かなと思ったけど、意外と平気でした。有線LANを購入しようと思ってましたけど、使用してみてからの購入で良い商品だと思います。

気がつけば師走。

 ご無沙汰しております。

 何か書こう書こうと思いつつ、何のネタも無いので、更新出来ずにいました。

 

 気になる健康ネタを色々試しているのですが、中々変化無しです。

 

 疲労回復には甘酒が良いと言うことで飲んでましたが、甘酒が苦手のようで、続きませんでした。疲労回復と言うよりは、疲れづらくなる感覚でした。

 

 

 高額商品でありますが、マヌカハニーも試してます。

 こちらは、どちらかというと副鼻腔炎に効いています。本来の目的では、風邪の予防、腸内環境の整え、ピロリ菌撃退を希望していたのですが、思わぬ効果として副鼻腔炎の炎症が緩和されると言う事態になっております。

 ただし、お値段が張るので、風邪の引き始めだけ使用する方向に変更しております。

 ハチミツなので美味しいので長続き出来ます。余裕のある方は是非とも試してみていただきたい品です。私自身、リピートし3つ目になります。

 

 

 最後に、黒酢。酢は疲労回復に良いとのことで、始めました。

 リンゴ酢のものを飲んでいましたが、酸っぱさが尋常じゃないので、黒酢に変更しました。

 割ったり調整したりが面倒臭いのでストレートを購入してます。良いお値段ですが、一日ジュース1本飲んだと思えば安いもんです。栄養ドリンクだと更に足が出ますしね。

 問題の効能ですが、疲労回復感は正直難しいです。どれくらい効いているのかが証明出来ないので、なんとも言えませんが、体調に応じて酸っぱい感じが変わるので、目安としては非常に良い感じです。疲れてるからケアしようとか、休もうとか判断材料になります。

 

 後は、腸内環境ケアです。

 ヤクルトとミルミルで小腸、大腸ケア。

【冷蔵】ヤクルト ヤクルト 6本入X5パック

【冷蔵】ヤクルト ヤクルト 6本入X5パック

 

 

 ビオフェルミンと、ミヤリサンの複合アタック。

 

強ミヤリサン 錠 330錠 [指定医薬部外品]

強ミヤリサン 錠 330錠 [指定医薬部外品]

 

 

 ヤクルト、ミルミルは正直そこまで効果無いかな。でも美味しいので飲んでしまいます。

 ビオフェルミンは食後用。ミヤリサンは、私は1日1食生活を平日しているので、空腹時は胃酸がしっかりしているので、胃酸に強いミヤリサンを選びました。

 乳酸菌は死んでも腸内細菌の餌になるとのことですが、乳酸菌のタイプによっては生きて届けることにより効果が有るものもあるので、その辺は個々に調べてあげてください。

 

 そんな感じの健康ネタでした。