おっさんのたわごと

いつか、じじいのたわごとになるんだろうな。

Apple新製品発表会に見る未来。

 Appleの新製品発表会が行われました。

 ほぼほぼ事前のリーク内容通りで、最近のAppleのセキュリティはガラ空きだなぁと思ったり、今の情報社会じゃ、完全隠蔽も難しいのかなとか、株式操作のためのリークもわざとしてんのかなとか勘ぐってしまいます。

 新型iPhoneは2サイズ展開。正式名称はiPhone6とiPhone6Plus。サイズは4.7インチと5.5インチ。現行モデルより多少大きくなった。容量は16Gから128Gまでの展開。

 縦長モデルからの脱却があるかなと思っていたが、両方とも縦長だったのにはちょっと驚いた。Apple的には愛着が有るのだろうが、個人的には縦長はどうも使い辛いので、2サイズ出すから、片方は…と期待していたが残念な結果に終わった。ただ、片手で簡単に操作出来るようにUIが変わるようなので少し期待もある。

 新機能は目立った物は無かった。ApplePAYは多少なりとも想像してたし、NFCの搭載も噂通りだった。基礎性能が上がって、iOSもバージョンが上がり、痒いところを多少改善した程度だろう。

  iPhone5から、5sへ進化は割と微妙だった。確実に性能の向上はあったのだろうが、体感できなかった。またsが付くと完成度の高さを感じていたが、5sは安定性に欠け、どちらかというと印象はあまり良く無かった。

 でも、やっぱりAppleが好きらしいので、多分iPhone6Plusを買ってしまうんだろうなぁ。

 AppleWatchに付いては良い印象を受けなかった。これは使い所が見えないからこそだとも言える。
 ただ、新たなジャンルにおいて分からないことは多い。
 iPadの発表の時も否定的だったが、買って見て、使用し始めると、これがこれがと、手放せない物になっていた。ネットブラウジングで軽く調べたい時に、本当に重宝する。
 AppleWatchも現状から拡張性まで含めて、新たな価値観を創造するのは間違いない。そういう意味で、使い始めてから、どう進化していくかが楽しみであり、良い方向に向かう事を楽しみにしてる。ということでちょっと様子見になるとは思う。

 大きなサプライズこそ無いけれど、予定通り、次の進化に向かうApple。彼らはどういう未来を描き、どういう楽しさを提供してくれるのか。僕はそこに惚れているのだと思ってる。
広告を非表示にする