おっさんのたわごと

いつか、じじいのたわごとになるんだろうな。

デジタルガジェット購入記

 欲しいという気持ちを生かして、本日、iPad Pro、Smart Keyboard、Magic Keyboard2、Magic Trackpad2をApple Storeで購入しました。Apple Pencilも欲しかったけれど、売り切れのため購入出来なかったので、雨の中新宿をさまよって見ましたが、結局手に入れることはできず、オンラインのApple Storeで予約を入れました。来月の中頃に届く予定です。

 ネットでの評判を見ていて、Smart Keyboardはペコペコで、安っぽく、打鍵感が悪いと言う話が多かったので、購入を見送ろうと考えていたけれど、結局は今回の目玉の一つで、サードパーティ製ではなく、純正で売り出すという事にどんな意味があるのだろうと思ったのと、品薄で購入するのも難しいとの話だったが、在庫があるということで飛びついて買ってしまった。

 iPad Proに関しては店頭で見たときは大して大きいとは思わなかったが、家に持って帰って、iPad Airと比べてみると本当に大きいという実感を持てた。初めて買う人にとっては、サイズを調べているだろうから、そこまで驚きはないかもしれないけれど、9.7インチから、12.9インチは数字以上に予想をはるかに超える大きさで、使い勝手がどうなるか、今後が気になります。今のところはとりあえず、デカイiPadぐらいにしか感じていないけれど、ニュースを読んだりするのが、雑誌サイズから、新聞紙サイズに変わったような感覚で、1画面の情報量の多さに心地よさを感じています。
 そもそも、iPadは自宅でしか使用せず、気軽に使えるPCぐらいのつもりでしか無かったので、使い勝手について語れることが少ないかもしれないです。ただ、本格的にマシンパワーも上がって、キーボードも携帯して、より、PCに近づいた感じがあるけれど、どこか愛嬌のようなものを感じる不満感もあります。人によってはどっち付かずで必要性を感じることが少ないかもしれないけれど、余裕がある人にとっては、新たな便利グッズの一つが手に入った感じだと思います。

 そうそう、Apple Watchなんですが、手放せないものになってきた感じがします。といってもこの間、会社に出社途中につけ忘れたのに気づいて、1日付けないままでいても、あまり気にはならなかったのですが、iPhoneの通知や、時間の確認ができないのには、ちょっとばかり、不便に思えました。
 今はまだその程度のものだけど、これの積み重ねで、すごい商品が生まれて、生活が変わっていくのだろうと考えると、少しワクワクします。

 iPad Proはpencilがきてからが本番かもしれないけれど、文章入力が、フリック入力でも、画面上のQWERTYキーボードでもない、ハードウェアキーボードで、文章を作成できることになんか喜びを感じたりしています。
広告を非表示にする