読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんのたわごと

いつか、じじいのたわごとになるんだろうな。

対戦格闘ゲームと課金ゲームに見える闇。

 ストリートファイター5を楽しみにしておりました。

 

ストリートファイターV

ストリートファイターV

 

 

 DL版を購入して、楽しんでおりましたが、1日経過、2日経過と徐々に気持ちが冷めてきて、色々考えるようになってきました。

 

 ゲームにおいて、努力するとは何なのか。ゲームにおいて、楽しむとは何なのか。十分に見直す機会をくれた気がします。

 

 対戦格闘ゲームは円熟の極みで、初頭から長きにわたり続けてきている人たちが多いので、経験値の違いがものを言う部分があるので、オンライン対戦をしていても、初心者が勝つには、センスと努力が必要で、それを乗り越えて相手のプレイヤーを打ち負かすことの面白さのように思えます。その楽しみを理解した上で、様々な努力も必要となってます。

 楽しさは人それぞれですが、オンラインでの対戦は味気ないように思えました。特に対戦格闘ゲームは、ゲームセンターに置かれて、対戦するのに横並びに知らない人同士が並んで対戦する混迷の時代から、今でもスタンダードな、筐体に向かい合って、負けたプレイヤーが台蹴りするスタイルまで、様々な人と人とのつながりが、もう一度プレイして、強くなろうと思えた。

 ゲームセンター内でのカーストがあるので、下手は下手なりに楽しめたり、上級者に手ほどきを受けたりと、色々なゲーム外での楽しみもあったりしたのですが、どうも、オンライン対戦にはその界隈の楽しさがあまりなくて、俺より強い奴に会いに行くと言うよりも、俺に負けてくれる接待プレイヤーをお待ちしておりますぐらいでしか楽しめない気がしました。そうです。ゲームに努力するのに飽きたともいえます。

 

 スマホの課金ゲーも同じような傾向にあると思います。努力する部分も必要だが、基本的には運任せが多いので、とりあえずはマネーゲームに持ち込んでどうにか上位ランクに行くことで楽しみと価値を見出して、引くに引けない財産をぶち込んで行く、不毛なタイトロープゲームと成り下がっている。

 

 僕らが夢中でピコピコと楽しんでいたあの頃のゲームは、夢や希望が詰まっていたけれど、今のゲームには課金と時間をつぎ込むことでしか愛せないものになってしまった。

 時代は変わって、手軽に簡単になりつつあるけれど、人生を狂わすほどの夢中や中毒は失われた気がする。破産はするけど。しかし、どちらが良いかは知らないけれど、ぼくはあの格闘ゲームのコマンドをうまく入力出来ない。だから、負け続ける。

広告を非表示にする