読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんのたわごと

いつか、じじいのたわごとになるんだろうな。

AirPods使用感想について。

物を購入する時には様々な思惑があって、購入しますが、私の場合はAirPodsは完全なワイヤレスイヤホンというところに惹かれて購入しました。
 完全なというとセル完全体のような感じがしてあれですけど、市販されている多くのワイヤレスイヤホンには電池用のネックストラップであったり、本体左右をケーブルでつないであったりしています。
 ではでは、左右独立させて、完全なケーブルレスのイヤホンはなぜそんなに発売されていないのか。いや、正確には発売されています。EARINを初めとし、先発商品が複数存在していますが、実は値段が3万円台と高額の為、なかなか手が出ない状況にありました。(最近、EARINは2万円程度で購入できます。)また、性能面もまだ不十分で、1度の使用時間が3時間と短く、心もたない部分がありました。
 そんな中で、AirPodsは1回の使用時間は5時間。ケースが充電器になっており、15分の充電で3時間使用出来ます。ケースでの複数回の充電を含めると、最大で24時間近く使用できるということもあり、バッテリー面での不安感はかなり解消されてます。また、価格も18140円と手ごろな部類なのも魅力でした。
 AirPodsは所詮は付属イヤホンと同系統なので音質には期待してませんでしたので、ケーブルレスでバッテリーに不安が無いイヤホンを使用する事で、何か生活の変化はみられるのだろうかという部分に注視して、使用してました。

 まずは、ケーブルレスですが、こんなにも楽なのかということに驚きました。理屈は分かっていても体感してみなければわかりません。ケーブルのとり回しがあるということがストレスになっている事がよくわかります。また、事前に装着しておけば、わずかな機会でも音を聞くという習慣が出来ました。これはゲームアプリもそうですが、他にも音を聞く機会がどんどん増えていきそうです。どこか億劫だったり、外で使用していると周りの目などがありましたが、耳からうどんを垂らしているだけで、音が流れ込んでくるので、音楽以外でも音というものに新たな発見をさせられました。
 「事前に装着する」というのが、結局はケーブルに繋がれていると、快適性を失われるのが分かっているので、「事前に装着する」という行動自体に重さを感じてしまうが、ケーブルレスだと気にならない事がよくわかり、これだけでも買った価値は十分ありました。

 話題騒然の簡単ペアリングですが、家でも複数のタブレットiMac等ありますが、今のところスゲー楽という実感は無いです。元々、ブルートゥースのペアリング自体に不満が無い人だからなのかも知れないけれど、機器間調整をしなくていいのは便利ではあるけれど、世間で盛り上がっているほど、すごいとは思えなかった。家で常時イヤホンを使用しなければならないという環境で無いから余計に何も感じないのかもしれない。

 音質は中庸。付属イヤホンを使っていた人にとっては違和感なく使えますが、高音質なイヤホンを購入して使っている人には物足りなさどころか、同価格帯のモデルと比較して、なぜこんなにお金を払って付属イヤホンと同等なんだと怒る人もいるでしょうが、そこは大目に目をつぶってもらいたいものです。
 成熟した製品市場では無く、技術的にもまだまだ伸びる余地が多い中での新技術の商品なので、やはり値段が高くなってしまいます。そこら辺に許容のある方が手に出すべき商品だとも思います。カジュアル層に狙って広告を打ってますが、まだまだニッチ層向けの商品だと思ってます。

実はブルートゥース系のワイヤレスイヤホンにしては遅延がかなり少ないです。完全に遅延を無くすことは技術的にはかなり難しいと思われますが、動画視聴程度なら、全く違和感無いレベルには驚きました。

 まとめると、買いです。だって、新しいガジェットだし、盛り上がってるうちにみんな買いましょう。イエイ。

 

AirPods with Charging Case

AirPods with Charging Case

 

 

広告を非表示にする