おっさんのたわごと

いつか、じじいのたわごとになるんだろうな。

ダイエットを加速させる為に体組成計RD-907は必須。

f:id:YamauraSuguru:20180511165129j:plain

 

 写真は、色々反射してしまい映り込んでますが、タニタのRDー907をやっとこさ、購入しました。これでダイエットのモチベーションが上がりそうです。

www.tanita.co.jp

www.tanita.co.jp

 

 購入の決め手は、Bluetoothによるスマホとの連携です。データ入力を省きたかったのと、データ量の多さはこの機種の魅力ですな。

 

 今まで、体重はWi-Fi連動の先駆けのWithingsのやつを使ってたんですが、引っ越しに伴って、再設定しようとしたら、上手くいかず、売却。その後はスマホ連動しているのを使っていなかったので、今一度スマホ連動商品が欲しかったところです。

 

 競合商品としてはオムロンカラダスキャン系の商品

www.healthcare.omron.co.jp

 

 もしくはNokiaBody+辺りだと思われます。

health.nokia.com

 

 NokiaはWitingsを買収したので、同じ流れの商品になってるはずです。正直、Wi-Fi連動は便利です。ただ乗るだけで、好きな時にスマホで確認出来るのが便利でした。それに対して、Bluetooth系は自分で体組成計と同期させなければならないので、毎回スマホを持って体組成計に乗る形になるので、1アクション増えることで、面倒さを感じることも多いと思われます。ただ、RDー906、907は過去10回のデータを保持してくれてるので、毎度では無く、一気に同期させることも出来ます。

 

 RDー907の難点を言えば、複数人でスマホ連動出来ないところでしょうか。内部データは4つ分作ることが出来ますが、スマホ連動は1人のみです。

 

 データ量は多く、体重、BMI体脂肪率、筋肉量、筋質点数、推定骨量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢、体水分率。と10項目です。

 

 ダイエットを始めてから、記録を取ることの重要性を感じています。ダイエットが上手く出来ない人の傾向として、長期間で継続していくことへのモチベーション低下だと思います。1週間、2週間の結果で判断しがちですが、3ヶ月単位で、判断するのに、こういうアイテムがあると、明確になって面白いと思います。