おっさんのたわごと

いつか、じじいのたわごとになるんだろうな。

梅雨の夜長、久しぶりに語るのはスプラトゥーン。でも内容はない。

 最後に書いた記事から40日経過したらしい。けど、何も書かない日々に何も感じなくなっている。昔は作家になりたいとか、そんな夢物語を考えていたけれど、何も作品を作らず、何も構想もせず、それでいて何故か書けると言う自信だけはあった。いざ、文字を目の前にしてみると、何も浮かばず、何も語れず。

 ただただ、時だけを消費していく日々。仕事前に目が覚めたので、とりあえず、今は少し旬の過ぎたスプラトゥーンについて語ろうか。

 

 ペンキを打ちまくって、敵を殺し、世界をペンキで塗り尽くすゲーム。そうです。イカになって世界を及びまくるのです。

 プレイしたことある人にはピンと来るが、プレイしたことも知識も無い人が見たら、この文章はかなりクレイジーだと思う。でもまぁ、そんなゲームです。詳しい内容は公式HPで確認してください。

www.nintendo.co.jp

 

 なんだかんだで、飽きてしまった。ランクもMAXの20になる前に。

 燃え尽き症候群のようでもある。必死にストーリーモードのラスボスをイライラしながら何度もトライして、やっとクリアしたなと思っていたら、同じミッションをamiiboでまた挑戦と挫折の繰り返し。めんどくさくなった。

 気軽なナワバリマッチ、真剣勝負のガチマッチ。結局の所、戦略の違いや細かい変化はあるけれど、それ以上の喜びを感じることは出来なかった。

 考えてみると、新たな発見の刺激を好む僕には余り向いていなかったのかも知れない。対人戦で思考を読む、戦略を立てる、操作練度を上げる。こういうのが好きな人には堪らない作品ではある。

 

 懐古厨的な発言だけど、無限に広がる世界で、まだ見ぬお宝を探したいなぁ。

広告を非表示にする