読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさんのたわごと

いつか、じじいのたわごとになるんだろうな。

Apple MUSICを利用し始めて、世界は変わるのか。

 そんなに時間がかかるわけでは無いけれど、毎日更新の為に時間を割くことが意外と難しいと言うことに今更気付く。

 日々、そんなに伝えたいことがあるのか、誰かを楽しませることがあるのか、そういうことを少しでも考え形にしようとしているのか、それで飯を食べていく気があるのかと質問されると多分無いからこそ、冒頭の意見になる。

 

 そんな憂いは置いておいて、Apple MUSICを使用し始めて気付いたことを少々述べる。

 

 世間では技術的なことやサービスの質について賑やかした記事が多く見られたけど、生活という観点で考えてみる。

 

 トライアル期間である3ヶ月間は、おじさんにとってあっと言う間だから、できる限り、このサービスを生活に取り込んでみようと利用しているのだが、これが結構面白い。

 今までは、通勤の時間は、自分の好みの音楽を聞き流していたが、知らない音楽を聴くようになった。Appleが選定したプレイリストやラジオで今まで聴きもしなかったアーティストの曲を聴くようになる。もちろん、レンタルも所有もしていないから聴くことがなかった曲に出会う事が出来た。

 出会いという意味では素敵なサービスだと思う。上記のようなことはラジオのFM曲でも出来るし、能動的ならYouTubeで出来るのだが、ラジオでは、その場で気に入った曲やアーティストの音楽を更に追究することが出来ない。Apple MUSICなら、その曲をループさせることも出来るし、そのアーティストの他の音楽も聴くことが出来る。曲が良いのかそのアーティストが良いのか、リアルタイムで選定出来るのが良い。

 対YouTubeで話をすれば、違法性の無さ、音楽配信としての質の高さ、オフラインでもダウンロードしておけば音楽が聴ける点も優位性がある。

 

 今更ながらこのサービスの面白さは楽にあると思える。月980円、日にうまい棒3本ぐらいのサービスだ。そんなサービスで、数百万曲を自由に聴くことが出来るのがメリットだと思う。

 出会いする曲群はプレイリストで選定されていたり、ラジオのようになっていたりする。まだ出会ったことの無いアーティストに出会った後のアフターケアまでタイムラグ無しににしてくれる。そこに価値を見出す事が出来るならうまい棒3本は我慢出来るはず。

 

 新曲は正直期待出来ない。ただ、音楽は新曲ばかりでは無い。旧曲であろうが出会っていなければそれは新曲、その新たな出会いを楽しませるサービスを少しみんなで楽しんでみませんか。

広告を非表示にする